ヒアルロン酸と医療

ヒアルロン酸と医療

ヒアルロン酸は、美容以外に様々な医療効果があります。体内の器官や部位が正しく働くためには欠かせない成分なのです。

「ヒアルロン酸」は美容だけではなく、体内の様々な器官や部位が、正しく働くために欠かせない大切なものです。
ひざの関節を例にとると、ひざが支障なく動くためには関節のあたりの軟骨の弾力やクッションとしての機能が必要となります。
しかし、加齢や病気が原因で軟骨が摩耗してしまい、滑液の粘りも失われてしまい、痛みを生じたりきしみを生じたりすることになります。
これにより日本では、20年ほど前から関節の治療として高分子ヒアルロン酸の局所注射を取り扱っています。
ヒアルロン注射が効果を発揮することで、軟骨に見られた摩耗はなくなり、骨液の粘りも回復することが明らかになっています。
ヒアルロン酸は人間の体のいたるところにありますが、中でも多いのは脳や心臓、皮膚や目、血管、骨、軟骨、関節、腱などとといわれています。
ヒアルロン酸がたくさんあるということは、その部分を正しく動かすためにはたくさんのヒアルロン酸が欠かせないと解釈することができます。
現実に、動脈硬化などの病気や脳の老化、腰痛、肩こり、切り傷などの症状にも、ヒアルロン酸を取り入れることで改善がみられるとされています。
そして、強い痛みを伴うリウマチの改善やがんを未然に防ぐ上でも、ヒアルロン酸を摂り込むことが役に立つとされているのです。
このようなヒアルロン酸の医療としての効果に関しては、「細胞外マトリックス」による裏づけがわかっています。
細胞外マトリックスというのは骨組みがしなやかで、人の体を形成する約60兆個もの細胞はその部分に囲い込まれていると言われています。
細胞外マトリックスというのは、細胞と細胞の連絡や細胞内部に栄養素が出入りするのを全て管理する役割を担っています。
それから、その大切な役目を果たしている物質がムコ多糖とされ、ヒアルロン酸はその物質の中でも中心を占めているのです。