コラーゲンとヒアルロン酸

コラーゲンとヒアルロン酸

コラーゲンとヒアルロン酸はアンチエイジング対策に利用されます。繊維状のコラーゲンが細胞と細胞をつなぐ役割を果たし、その隙間にヒアルロン酸が充満して保水します。

コラーゲンやヒアルロン酸というと、アンチエイジング効果や美肌効果があるとして一緒に利用されます。
それによって、名称が異なる同じ物質であると誤った認識を持たれているようです。
そこで、コラーゲンとヒアルロン酸に関わることをあらためて振り返ってみましょう。
ヒアルロン酸と呼称される物質はアミノ酸と同物質のムコ多糖の1つです。
コラーゲンに関しては毛髪や皮膚、腱(けん)や骨などを成り立たせるタンパク質の一種です。
ムコ多糖であるヒアルロン酸などは体内で単体のまま存在することが困難で、タンパク質であるコラーゲンには保水効果はありません。
ですから、ムコ多糖とタンパク質はつながって細胞間を充満した状態で存在します。
ヒアルロン酸が持つ性質といえば、水分をキープする力が強いことです。
人間の身体はおよそ6~7割が水分ですが、
血液の他の成分はほとんどがヒアルロン酸などのムコ多糖が貯めこんでいるようです。
それから、コラーゲンの働きは皮膚を使って説明するとよくわかるでしょう。
皮膚を構成する表皮の下の真皮は、水分を除いた残りのおよそ70%はコラーゲンで占有されています。
ピンとした繊維のような形状のコラーゲンは細胞と細胞をつなぐ役割を果たしています。
さらに、繊維で形成されたコラーゲンの隙間にヒアルロン酸が充満して、保水しています。
ヒアルロン酸に関しては食事から摂るのが大変ですが、コラーゲンは鶏肉の中でも手羽先、そしてシラスや牛すじなどにたっぷり含まれています。
さらに、めったに食べられませんが、ツバメの巣やフカヒレもコラーゲンを多く含んでいるとしてよく知られています。
年齢が上がってくると減少するコラーゲンやヒアルロン酸を増やすのが、アンチエイジングの要と考えられています。